自殺対策の経緯

2005年

2月参議院厚生労働委員会で「自殺問題に対する参考人質疑」(秋田大学本橋教授他)
5月参議院議員会館で自殺をテーマにシンポジウムを初開催(ライフリンク主催)
7月参議院厚生労働委員会で「自殺に関する総合対策の緊急かつ効果的な推進を求める決議」を採択→決議書
9月内閣官房に「自殺対策関係省庁連絡会議」設置

「自殺対策シンポジウム」が開催される(5月30日)

2006年

1月「自殺防止対策を考える議員有志の会」を結成
自 民:尾辻秀久 西島英利 武見敬三
民 主:朝日俊弘 柳澤光美 山本孝史
公 明:木庭健太郎
共 産:小池 晃
社 民:福島みずほ
6月自殺対策の法制化を求める10万人を超える署名(民間団体の呼びかけ)を提出
「自殺対策基本法」参議院で可決後、衆議院で可決

2007年

4月内閣府に「自殺対策推進室」が設置される
6月「自殺総合対策大綱」が閣議決定される
7月民間団体が都道府県と連携して「自殺対策全国キャラバン」を展開
12月最初の「自殺対策白書」が発刊される
<山本孝史さん逝去>

2008年

5月10年連続で自殺者が3万人を超えることが確実になる
「自殺対策を考える議員有志の会」を再結成し名称変更
自 民:尾辻秀久 西島英利 石井みどり
民 主:谷 博之 柳澤光美 島田ちやこ
公 明:木庭健太郎
共 産:小池 晃
社 民:福島みずほ
7月「自殺実態白書2008(ライフリンク発行)」が完成
岸田内閣府自殺対策担当大臣に提出、関係自治体・全国会議員に配布
10月「自殺対策加速化プラン」が策定される
12月「自殺緊急対策に関する要望書」を野田内閣府自殺対策担当大臣に提出
要望書

「自殺実態白書2008(ライフリンク発行)」が完成、岸田内閣府自殺対策担当大臣に提出(7月4日)

2009年

1月警察データの翌月緊急公開が決定
5月補正予算で「地域自殺対策緊急強化基金」が創設され100億円計上される
6月民間有志35団体の代表と共に、河村官房長官に「自殺対策について」申入れ
要望書
11月「自殺対策緊急戦略チーム」が発足
11月「自殺対策100日プラン」が策定される

2010年

2月「自殺対策緊急強化アクション・プラン」が策定される
8月「自殺対策を推進する議員有志の会」に名称変更
自 民:尾辻秀久 石井みどり
民 主:谷 博之 柳澤光美 松浦大悟
公 明:木庭健太郎
共 産:大門実紀史
社 民:福島みずほ
9月「自殺対策タスクフォース」が設置される
9月「自殺対策全国民間ネットワーク」が設立される

「自殺対策全国民間ネットワーク」が設立される(9月10日)

2011年

1月「民主党自殺対策推進プロジェクトチーム」を設立
3月<東日本大震災>
7月「いのちささえる真心あふれる社会づくり市区町村協議会」
(自殺のない社会づくり市区町村会)が設立される
10月「自殺のない社会づくり市区町村会」より野田総理及び担当大臣に提出した「自殺のない社会づくり推進のための要望」への支援要請を受ける

「いのちささえる真心あふれる社会づくり市区町村協議会」が設立される(7月8日)

2012年

7月「自殺総合対策大綱の改定に関しての要望書」を藤村官房長官に提出
要望書
8月「自殺総合対策大綱の改定」が閣議決定される
11月「地域自殺対策緊急強化基金の継続を求める要望書」を藤村官房長官に提出
要望書

「自殺総合対策大綱の改定に関しての要望書」を藤村官房長官に提出(7月6日)

2013年

1月15年振りに年間自殺者数(速報値)が3万人を下回る→国会レポートVol.19
2月「自殺対策を推進する議員有志の会」
自 民:尾辻秀久 武見敬三 石井みどり
民 主:柳澤光美 津田弥太郎 松浦大悟
公 明:木庭健太郎
共 産:大門実紀史
社 民:福島みずほ
みんな:川田龍平
10月超党派議員連盟「自殺対策を推進する議員の会」設立
11月「自殺総合対策の推進に不可欠な財源確保に関する緊急要望書」を安倍総理に提出
要望書

「自殺総合対策の推進に不可欠な財源確保に関する緊急要望書」を安倍総理に提出(11月28日)